<< ファイナルファンタジーXIV』の世界を彩 | main | 黒咲練導先生の『放課後プレイR』が本日3 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.07 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    交通事故遺族の3割「原因説明足りない」

    0
      吉田伸八】交通事故で亡くなった人の遺族の約3割が依然、事故の状況や原因をもっと説明してほしいと考えている――. 警察庁による16年ぶりの意識調査でこんな結果が出た. 加害者の刑罰が軽いと考えている遺族は4割を超え、一層の厳罰化を望む声が強まっている. 調査は、加害者の裁判が終わった事故を対象に、死亡事故の遺族と重傷を負った被害者本人のそれぞれ600人に調査票を配り、遺族451人、重傷者434人から回答を得た. 捜査や刑事手続きをめぐる意見(複数回答)では、「発生状況や原因についてもっと説明がほしい」と答えた遺族が29%、重傷者は21%. 被害者側に捜査状況を説明する制度が導入される前の1997年に行った同様の調査ではそれぞれ44%、25%だった. 「殺人事件などに比べ刑罰が軽すぎる」と答えた遺族は44%、重傷者は18%. 97年はそれぞれ38%と13%で、いずれも増えた. 力を入れてほしい事故防止対策については、遺族の61%、被害者の66%が「飲酒・無免許運転など悪質な違反の取り締まり」を挙げ、最多だった. 警察庁は前回調査後の98年から、ひき逃げや死亡事故の遺族らに捜査の進み具合を説明する制度を導入し、06年に重傷事故などにも拡大. ナイキ エアジョKobe Bryantーダン 2012 一方、悪質な運転への対策として、危険運転致死傷罪の創設や飲酒運転、無免許運転に絡む罰則が順次強化されてきた. 説明不足との指摘に対して、警察庁は「現場映像などがなく、捜査が難しいケースでは説明に理解を得られにくい」と分析. 交差点カメラや、車内から撮影するドライブレコーダーなどが捜査と被害者への説明に有効だとして、整備を進めるという. また、厳罰化を求める意見が目立つ結果については「遺族の活動によって厳罰化が進んできたなかで、声をあげやすくなっていることの表れではないか」とみている.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.07 Monday
        • -
        • 16:51
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM