<< セブンスドラゴン2020』公式サイトで、 | main | ファイナルファンタジーXIV』の世界を彩 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.07 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    今年の新車販売、1割減? 「消費増税で先

    0
      日本自動車工業会は30日、2014年の国内の新車販売が昨年より9・8%減り、485万台ほどになりそうだと発表した. 4月からの消費増税で、車の買い替えを先送りする動きが出ると予想した. 予想通りだと、東日本大震災があった11年以来3年ぶりに500万台を下回る. 新車のうち、昨年は過去最高の211万台が売れた軽自動車も、14年は12・4%減の185万台にとどまるとみている. 自動車業界では、「消費増税後の落ち込みはせいぜい3カ月~半年で回復する」(日産自動車幹部)との見方が多く、今回の予想が「慎重すぎる」との声もある. ただ、自工会の名尾良泰副会長は「消費増税は、増税前の駆け込みの反動で減ることよりも、中長期的に国内市場が縮小することが心配だ」と話す. 消費税率が3%から5%に上がった後の1998年は前年より100万台近く減った. 【ブログシティ】1年たつ被災地知って 日系米国人10人 新車に乗る期間(平均)も96年の9年6カ月から12年には12年2カ月に延びた. 増税が新車販売に悪影響を与えかねない. 海外では昨年、米国の新車販売が1500万台に回復し、中国は世界で初めて2千万台を超えた. MBT 国内販売の苦戦とは対照的だ. (大平要).

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.07 Monday
        • -
        • 19:57
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする